あの子の考えることは変

あの子の考えることは変 (講談社文庫)

本谷有希子さんの小説。
この本は読んだことないと思って読み始めたのですが、最後の最後、階段のシーンで「これ読んだことあるー」と思い出しました。
ダイオキシンも横ちんのこともさっぱり忘れていたので、数年前の自分にはしっくりこなかったのかもしれません。
今回も強い印象に残ったわけではないですが、読んでいる間は高揚感のある作品です。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ