1ミリの後悔もない、はずがない

1ミリの後悔もない、はずがない

第15回R-18文学賞読者賞を受賞した一木けいさんのデビュー作。
最終選考に4回残ったというだけでも只者ではない感があります。
微妙にわたしの好みと外れているところがあって、かゆいところに手が届かないもどかしさのある本でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ