偽りの森

偽りの森 (幻冬舎文庫)

花房観音さんの小説。
京都を舞台にした4姉妹の話です。
最初の方は正直あんまりおもしろくないかもと思っていたのですが、中盤ぐらいから楽しくなってきました。
「みんな問題抱えすぎやろ」と突っ込みたくなりますが、だからこそ小説になるわけで、それぞれがうすうす感づいていても普通に暮らしているところがリアルです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ