しろいろの街の、その骨の体温の

しろいろの街の、その骨の体温の (朝日文庫)

村田沙耶香さんの小説。
スクールカーストの描写がすさまじくて読んでいてつらいです。
半分ぐらいで「おいおいまだ半分あるのかよ」と思いましたが最後までまじめに読んでしまいました。
伊吹みたいな鈍感な男はどうしようもないよね、という感じです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ


The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)

最新記事 by 宮島ムー (全て見る)