神様のケーキを頰ばるまで

神様のケーキを頬ばるまで (光文社文庫)

彩瀬まるさんの小説。
ひとりの映画監督でつながる短編集と言ったらいいでしょうか。
ストーリーは読みやすく、最後まで読み通すことができました。
暗いところばかりでなく、どこか希望が見えるところがよかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ