神様のケーキを頰ばるまで

神様のケーキを頬ばるまで (光文社文庫)

彩瀬まるさんの小説。
ひとりの映画監督でつながる短編集と言ったらいいでしょうか。
ストーリーは読みやすく、最後まで読み通すことができました。
暗いところばかりでなく、どこか希望が見えるところがよかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ


The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)

最新記事 by 宮島ムー (全て見る)