官能と少女

官能と少女 (ハヤカワ文庫JA)

宮木あや子さんの小説。
タイトルの「官能」につられて読むとどよーんとすること間違いなし(例:わたし)。
一人称の「信頼できない語り手」の勉強になります。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ