愛を振り込む

愛を振り込む (幻冬舎文庫)

蛭田亜紗子さんの小説。
一枚の千円札がさまざまな人の手に渡っていく様子が描かれています。
章が進むにつれてどんどん深刻さを増すのがすごいです。
それなのにどこか救いがあるようなところが好きでした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ