凍りのくじら

凍りのくじら (講談社文庫)

これまで辻村深月さんの小説を読んだことなくて、はじめて読みました。
最初のほうは退屈だったのですが、徐々にスピード感が上がっていき、最後のほうはよかったです。
ドラえもんのひみつ道具がよく出てきますが「それ要る?」みたいなところもありました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ