ふがいない僕は空を見た 

ふがいない僕は空を見た (新潮文庫)

窪美澄さんの小説。
R-18文学賞を受賞した『ミクマリ』と、そこから地続きになった短編集なのですが、
全部読んだ後で一番強く思ったのは「あんずがムカつく」という感想でした。
お話しそのものは面白く、特に「セイタカアワダチソウ」はすごく印象的です。
最終的にたくみとお母さんがかわいそうで、救いがあるのかなんだかわからない感じでした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ


The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)

最新記事 by 宮島ムー (全て見る)