しょうがの味は熱い

しょうがの味は熱い (文春文庫)

引き続き、綿矢りささんの小説。
綿矢さんの小説はわりとアバンギャルドな作品が多い気がするのですが、これはわりと普通です。
特別な盛り上がりはなくて、「ふーん」という感じでした。
でもわたしはこの二人をそんなに嫌いじゃなくて、共感できるところも多かったです。
うまくいくといいなと思いました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ