かわいそうだね?

かわいそうだね? (文春文庫)

綿矢りささんの本が図書館に並んでいたので、未読の小説を順番に読んでいます。

表題作の「かわいそうだね?」は個人的にいまいちでした。
簡単に言えば男女の三角関係の話ですが、3人にそれぞれムカついてしかたありません。
ラストシーンにすっきりするという人もいるかもしれませんが、わたしには胸糞悪かったです。
それだけ心が動いたということで、名作ということもできるかもしれません。

一緒に収録されている「亜美ちゃんは美人」のほうが好きです。
超美人の亜美ちゃんと、まぁまぁかわいいのにその陰に隠れてしまうさかきちゃんの話。
自分にこんな美人の友達がいたわけではないのに、さかきちゃんの感情移入してしまいます。
最後どうなるんだろうとハラハラしながら読みましたが、ちょっとうるっときました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

管理人からのお知らせ