ガソリン生活

ガソリン生活(朝日文庫)

写真は文庫本ですが、単行本で読みました。
のどかな表紙になっているにもかかわらず
物騒なストーリーが展開していくのでハラハラしました。
最終的にはうまくまとまり、読後感は良かったです。

この小説の特徴は語り手が車ということです。
車は人間の言葉はわかるけれど、
人間には車の言葉がわからないという設定です。

最初は「なんじゃそりゃ」と思いながら読んでいましたが
最後に「これがやりたかったのか」とわかります。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ