忘れてきた花束。

忘れてきた花束。 (ほぼ日ブックス)

糸井重里さんが書いた1年分の「小さいことば」を選りすぐってまとめた本。
日付も書いてなくて、ことばの長さもバラバラ。
「なるほど」と思うものもあれば「それで?」と思ってしまうものもあります。
これを糸井重里さんが書いているということに価値があるのでしょう。

だからといって悪かったというわけではないですよ。
言葉の端々に訴えかけてくるものがあって
考え方のヒントになった気がします。
どんなことばでも書き残しておくと面白いかもしれないと思わせてくれました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ