夜の朝顔

※当ページにはアフィリエイト広告が含まれます

夜の朝顔 (集英社文庫)

豊島ミホさんの著書。
ソ連のズボンの話とか、アザミの話とか、読みながら「昔読んだ!」と思い出しました。

小学生の心理がとてもよく描かれていて、読んでいてしんどいぐらいです。
昔読んだときはまだ子どもの方の気持ちに近かった気がしますが、今は娘のことを考えながら読みました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ

お知らせ

小説家デビュー作『成瀬は天下を取りにいく』が新潮社から3/17に発売されます! 滋賀県大津市が舞台の作品で、西武大津店やミシガンが登場します。読んでいただけるとうれしいです。