ブルースノウ・ワルツ

ブルースノウ・ワルツ

豊島ミホさんの小説。
こんな話も書かれていたのかと思うような、豊島さんの作品の中ではちょっと異色?
お嬢様と野生児が出会う話で、もっと激しい展開になるのかと思いきや、そこまでいかないところに別の危うさを感じるような、説明が難しいお話でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ