夢を売る男

夢を売る男 (幻冬舎文庫)

悪質な?出版社を舞台に繰り広げられるストーリー。
簡単に言えば本を出したい人に対して
自費出版をするよう仕向ける編集者の話でしょうか。

途中だれる部分がありましたが
出版業界についての詳しい話もあって面白かったです。

わたしもこんな感じの出版社から
自費出版をすすめられたことがあって、
たしかにそのときは自分の文章をほめちぎられました。

わたしはさらさら出す気がなかったので
適当に交わしていましたが、
きっとその気になってしまう方もいるのでしょうね。

こちらの本もどうぞ

◇トップページに戻る◇
Pocket

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。読む本はフィーリングで決めています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)