京都に女王と呼ばれた作家がいた

京都に女王と呼ばれた作家がいた 山村美紗とふたりの男

花房観音さんの著書。
山村美紗さんの生涯がまとめられています。
花房観音さんはかねてから書いてみたかったけれど出せる出版社がなかった、と書いていて、そういうことがあるのだなぁと思いました。
内容はとても興味深く、最後まで一気に読みました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ