ガラスの海を渡る舟

ガラスの海を渡る舟

寺地はるなさんの著書。
ガラス工房を営む兄と妹のお話で、ふたりともそれぞれの特性を抱えています。
寺地さんのデビュー作の『ビオレタ』に通じるものがあるような気がしました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ