原因において自由な物語

原因において自由な物語

五十嵐律人さんの小説。
よくあるいじめものかと思ったら、複雑に入り組んで思いもかけない方向に展開していきます。
架空のSNSの設定など、難しくてちょっと理解できないところもありました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ