寂聴残された日々

寂聴 残された日々 (朝日文庫)

瀬戸内寂聴さんが2015年~2020年にかけて朝日新聞に連載していたエッセイをまとめたもの。
「今年で○○歳」「もうすぐお迎えがくる」と繰り返し、まるでミルクボーイのネタのような安定感のあるエッセイ集です。
これをまだあと数年読みたかったと思わせてくれました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ