湖上の空

湖上の空 (小学館文庫)

今村翔吾さんのエッセイや書評をまとめたもの。
パリッシュ+は滋賀県のフリーペーパーで、連載中に読んでいたのですが、いま読むとまた味わいが違います。
どんどん有名になっていって『塞王の楯』が直木賞候補にノミネートされたところで終わりました。

今村翔吾さんのインタビューやエッセイで1000回ぐらい見かける「翔吾くんも夢諦めてるくせに」のくだりも詳しく書いてあります。
ほかにも生い立ちの話や家族の話など踏み込んだことも書いていました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ