名前探しの放課後

名前探しの放課後(上) (講談社文庫)

辻村深月さんの小説。
3ヶ月前にタイムスリップしたらしい主人公が、3ヶ月後に自殺するであろう同級生の名前を忘れ、その同級生が誰か、自殺が止められるか、というお話。
ぼくのメジャースプーンともつながりがあるらしい、ということは知っていて、ぼくのメジャースプーンを読んだ直後に読んだにもかかわらず、全然気付かないまま終盤を迎えました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ