ルビンの壺が割れた

ルビンの壺が割れた(新潮文庫)

宿野かほるさんの小説。
往復書簡形式で、最初のうちは「なんかへんだな」と思いながら読んでいて、最後で真相が明らかになり、「えーっ」となりました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ