レペゼン母

レペゼン母

宇野碧さんの小説現代長編新人賞受賞作。
小説現代の一挙掲載で読みました。

母と子どもがラップバトルするお話。
母視点で進むため、母に親近感を覚えるものの、きっとこのお母さんも嫌なところがあるんだろうなというのが伝わってきて、親子の葛藤みたいなところがとてもリアルに感じられました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ