沈黙のパレード

沈黙のパレード (文春文庫 ひ 13-13)

東野圭吾さんの小説。
ガリレオシリーズと知らずに読みはじめ、湯川が出てきたとき「!」となりました。
途中ちょっと勢いが緩まる箇所があっても、最後の数十ページにくると「わーっ!」ってなるのが東野圭吾さんの小説の醍醐味だと思っていて、この作品でもそれを味わうことができました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ