骨を彩る

骨を彩る (幻冬舎文庫)

彩瀬まるさんの連作短編集。
子どもとの関係に悩んで家を離れる「ばらばら」が身につまされる感じでした。
最初の「指のたより」が父親目線、最後の「やわらかい骨」がその娘目線というのもよかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ