短篇ベストコレクション2021

現代の小説2021 短篇ベストコレクション (小学館文庫 に 25-1)

青柳碧人「消せない指紋」、芦沢央「ミイラ」、宇佐美まこと「家族写真」、佐川恭一「ジモン」、清水裕貴「ミス・ホンビノスの憂鬱」、白井智之「隣の部屋の女」、立川談四楼「三日間の弟子」、帚木蓬生「二人三脚」、原田マハ「あおぞら」、伴名練「白萩家食卓眺望」、平岡陽明「ラスト・ラン」、宮内悠介「ジャンク」の12篇が収められています。

楽しく読みました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ