たおやかに輪をえがいて

たおやかに輪をえがいて (単行本)

窪美澄さんの小説。
閉塞感を覚える52歳主婦の話で、夫と娘と三人ぐらしというのが自分と一緒で明日は我が身みたいな気持ちになりました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ