やさぐれるには、まだ早い!

やさぐれるには、まだ早い! (MF文庫ダ・ヴィンチ)

豊島ミホさんのエッセイ。
2007年~2009年頃に書かれたもので、自分の若い頃を思い出す風景にあふれています。
エモいってこういうことなんだな~と思いながら読みました。

この本自体ずっと前に読んだことがあって、「あぁこの話ここに載ってたんだ」と思う箇所も多数。
歩き方の特徴で故郷の友達に声をかけられる話がとても好きです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ