すみなれたからだで

すみなれたからだで (河出文庫)

窪美澄さんの短編集。
いろいろな媒体で掲載されたものが収められています。
本筋とは関係ないですが、けっこう性描写があり、第一期のR-18文学賞は官能の賞だったことを色濃く感じました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ