雨のなまえ

雨のなまえ (光文社文庫)

窪美澄さんの雨をテーマにした短編集。
人生のうまく行かなさがリアルで、読後感がじとっとなるので、しんどいときにはあまり読まないほうがいいかも?

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ