花は散っても

花は散っても (単行本)

坂井希久子さんの小説。
祖母の遺したノートを読み、祖母の知られざる過去を知る話です。
戦争中の描写など、胸に迫るものがありました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ