いまは、空しか見えない

いまは、空しか見えない

白尾悠さんのデビュー作。
R-18文学賞大賞・読者賞受賞作の「夜を跳びこえて」(原題:アクロス・ザ・ユニバース)だけは読んだことがあったのですが、そこからこんな話が連なっているとは知らず、もっと早く読んでおくべきだったと思いました。
めちゃくちゃ良かったです。
毒親と性被害が大きな要素として出てきて、決して明るい話ではないのですが、主人公たちがたしかに光に向かって歩いているのがわかる、いいお話でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ