川のほとりで羽化するぼくら

川のほとりで羽化するぼくら

彩瀬まるさんの小説。
川をテーマにした4作の短編集です。
1作めと4作めが現実っぽい話で、2作目と3作目がファンタジー的な話ですが、そんな分析が野暮に感じられるような、彩瀬さんの世界を感じられる一冊でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ