おもろい以外いらんねん

おもろい以外いらんねん

大前粟生さんの小説。
文藝2020年冬号で読みました。

最近よく言われる「人を傷つけない笑い」が大きなテーマになっているのですが、それだけではない人間模様がとてもいいなと思いました。
冒頭が少しつかみにくかったのですが、読んでいって「なるほど、こういうことか」と納得する瞬間がありました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ