水と礫

水と礫

藤原無雨さんの文藝賞受賞作。
文藝2020年冬号で読みました。
日本なのか日本じゃないのかわからない町が出てきて、でも東京があって、そこと地続きで……という変な感じがとてもいいなと思いました。

東京にいる主人公が見ているニチアサがプリキュア→仮面ライダー→戦隊の順だったので、2017年10月以降というのがトリックなのかなと思ったのですが、そこは純文学なのであまり関係なかったみたいです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ