結 妹背山婦女庭訓 波模様 

結 妹背山婦女庭訓 波模様

大島真寿美さんの小説。
直木賞を受賞した『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』の続編です。

『渦』について、吉川トリコさんが大島さんと飲んだときに「大島さん、めちゃくちゃだね」と話したというエピソードを読んで、「やっぱりあれ、めちゃくちゃなんだ!」と思いました。

今作『結』も『渦』と同じく、人形浄瑠璃のことはなにもわからないのに、その世界と語り口が楽しくて、気持ちよく読めました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ