東京會舘とわたし 上・下

東京會舘とわたし 上 旧館 (文春文庫)

辻村深月さんの小説。
東京會舘の歴史にあわせて、そこにいた人々の心情や人間模様が語られます。
そのときどきの文化や流行が自然に描かれていて、とてもよかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ