白鳥とコウモリ

白鳥とコウモリ

東野圭吾さんの小説。
弟にすすめられて読みました。
すごくよかったです。
真犯人と事件の真相がわかったとき「マジかー」と思いました。
東野圭吾さんの小説は人がたくさん出てきてもごちゃごちゃせず、少しずつ読んでも過去の展開がわからなくならないのがすごいです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ