清く貧しく美しく

清く貧しく美しく

石田衣良さんの著書。
めちゃくちゃよかったです。
日菜子のぐずぐずぶりに耐えられるかどうかで評価が分かれそう。
わたしは「自分でもこの状況ならこうなるだろうな~」と思いながら読みました。
ひたすら悲惨に書くこともできそうなのに、そうしていないところがよかったです。

この本の大きなテーマとなっているのが「選択」。
ラストの選択は「そっちなの!?」と思ってしまいましたが、それもまた良し。
すごく好き嫌いが分かれそうで、読んだ人と感想を語り合いたくなりました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ