いつの空にも星が出ていた

いつの空にも星が出ていた

佐藤多佳子さんの小説。
ベイスターズを応援する人たちの話。
野球チームを応援する人たちの心理がきめ細やかに書かれていて、とてもよかったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ