夜の側に立つ

夜の側に立つ

小野寺史宜さんの著書。
矢部太郎さんが紹介していたのを見て読みました。
なんだか言い訳がましい主人公だなぁなんて思いつつ読み進めたのですが、最後まで来て「わー!」となる感じの話でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ