ストロベリーライフ

ストロベリーライフ (毎日文庫 お 1-1)

荻原浩さんの著書。
単純に言ってしまえば東京暮らしの主人公が静岡でイチゴ農家をはじめる話。
静岡考証が素晴らしく、静岡のお茶農家に近いところで育ったわたしは感動でした。

まず主人公の名字が望月というところがいいですね。
使われている静岡弁も、静岡の農家が使っている静岡弁になっているところが見事です。
著者の親戚で静岡県民の鈴木さんに取材したそうですが、すごくリアルに仕上がっていて、静岡小説としても読めました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ