昨日がなければ明日もない

昨日がなければ明日もない

宮部みゆきさんの著書。
最初の「絶対零度」がとても後味が悪く、あとの2作も楽しくない話です。
本当にこんなことってありそうだなと思うし、それをここまで嫌な感じで書けるのがすごいと思いました。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ