同姓同名

同姓同名 (幻冬舎単行本)

下村敦史さんの小説。
殺人犯と同姓同名の大山正紀さんがたくさん出てきます。
途中でわけがわからなくなりそうなところを無理なく読ませる手腕はさすがです。
最終的に謎は解けるものの、大山正紀がかわいそうでした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ