天使の卵

天使の卵―エンジェルス・エッグ (集英社文庫)

村山由佳さんの小説です。
男性の一人称で書かれていますが、
男の人って本当にこんなこと考えているのかな?と思ってしまいます。

ストーリー自体は典型的な恋愛小説という感じで、最後は胸に迫るものがあります。
ベタベタですけどね。
10代のときは結構泣けたんですが、おばさんになってから読むと
「もう少し明るい話が読みたいな~」なんて思ってしまいます。

あまり長くなく、すんなり読めるのがいいと思います。
「天使の卵」を読むまでほとんど小説を読んだことがなかったので、
小説というのはこういうものなのかと思いました。

こちらの本もどうぞ

◇トップページに戻る◇
Pocket

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
読書好きの主婦が、主に図書館で借りた本を感想とともにUPしているサイトです。読む本はフィーリングで決めています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)