対岸の家事

対岸の家事

朱野帰子さんの小説。
かわいらしいキャラクターイラストとは裏腹に、専業主婦やワーキングマザー、育休中の男性などが織りなすしんどい現実が描かれています。

むやみにドロドロしているわけではなく、「こんなことってあるな」という感じですが、わたしはけっこうムカムカしながら読みました。
置かれた状況によって感じ方がかなり変わると思います。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ