やめるときも、すこやかなるときも

やめるときも、すこやかなるときも (集英社文庫)

窪美澄さんの小説。
心に傷を負った男性とあまりよくない家庭で育った女性の話。
ちゃんと通るべき場所を通って目的地に運んでくれるような安心感のあるラブストーリーでした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ