希望のゆくえ

希望のゆくえ

寺地はるなさんの小説。
失踪した弟の希望(のぞむ)を兄の誠実(まさみ)が探す話。
とてもよかったです。
出てくるのが嫌な人ばかりで、なかなかしんどいですが、それでも人生のところどころに光るものがあるのかもしれない、と思わせてくれる話でした。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ