プリティが多すぎる

プリティが多すぎる (文春文庫 お 58-2)

大崎梢さんの著書。
ティーン向けのファッション誌に配属された男性主人公の話。
主人公があまり好きになれなかったものの、雑誌づくりの裏側が見えるのは面白かったです。

こちらの本もどうぞ

ドクショメモホームへ